函館の魚河岸と「おぐにビーフ」との謎のつながり

函館朝市の魚河岸である「丸善 川原水産」。

ここは函館でも老舗の魚河岸です。

魚と、そして牛肉。

全くジャンル違いで、仕事上の交流も想像つかないところでしょう。

実は、おぐにビーフでは「丸善 川原水産」の4代目岩館さんに”いい仕事”をしていただいてます。

岩館さんの活動紹介

前回おぐにビーフではサッポロビールが運営するサイト、「北海道Likers」で紹介されました。

北海道Likers(ライカーズ)で当牧場について掲載していただきました!

そして同じ「北海道Likers」のサイトに、岩館さんの”とある”活動が掲載されました。

雑貨好きは見逃し厳禁!シュールでかわいいサカナが主役をはる函館のグッズ | 北海...
www.hokkaidolikers.com
 

なんと!この方、魚屋さんなのにデザインができる面白い人なんです!

「+さかなプロジェクト」という、魚にちなんだグッズのデザインを手がけ、魚の特徴をしっかりととらえつつ、ユーモアある商品ラインナップで徐々にファンを増やしています!

さて、では「おぐにビーフ」と何が関係あるのか?

これです!

今売り出し中の「北斗プライムビーフ」
なんと!このロゴデザインを岩館さんに手がけていただきました!

おぐに社長も、モノすごく気に入っている、このデザイン。

少し前に、商標登録も無事にできたところです。

「北斗プライムビーフ」の商標登録を自分でやってみたよ。(函館で自ら商標登録するやり方を詳しく解説!)

他に、これれらのデザインも岩館さんに手掛けていただいているもの。

東京でグラフィックデザインの仕事をしていて、家業の魚屋を継いだ岩館さんの手がけるデザインはどれも個性的で惹かれるものばかり!

岩舘さんが自ら運営するサイトもあります。

こちらは、ショッピングサイトとなっており、岩舘さんの手がける、個性たっぷりなグッズも購入することもできます。

そしてなんと!

魚介類もこのサイトから購入できちゃいます!(魚屋さんだからあたりまえ笑)

実は、WEB担当三上が別にやっている仕事のロゴも岩舘さんに手がけていただきました。

自分で思い描いていた原案を、いい意味で裏切られたデザインの発想力はとても驚かされました!

すごく気にいってます!

やはり「餅は餅屋」。

いくら「adobeイラストレーター」を使えても、私のような素人との差は歴然で、自分でデザインはやるまい!と心に誓いました(笑)

そんなわけで、函館にもこんな面白いことをしている人がいるという紹介と、おぐにビーフとの意外な繋がりをお知らせしました!

「+さかなプロジェクト」のグッズは「函館 蔦屋書店」でもイベント出店時などで購入できますので興味ある方はチェックしてみてください!

繋がりのある方が、同じ媒体である「北海道Likers」に載るという偶然は嬉しいですね。(しかも取材していただいたライターも同じw)

ぜひ↓の記事を見てみてくださいね!

雑貨好きは見逃し厳禁!シュールでかわいいサカナが主役をはる函館のグッズ | 北海...
www.hokkaidolikers.com